Mable

地図をあなたの生活空間に刻み込もう

デザインパターンやインターフェイスとして地図を新しい形で日常生活に取り入れることで、文字通り「データに触れる」という体験を豊かなものに。

好きな場所を好きな範囲で切り取ってみる

Mable Preview にアクセスすれば、カメラのシャッターを切るように道路線を切り取って、テーブルに焼き付けた完成イメージをすぐに確認できます。

紙でも、
スクリーンでもない地図

YouTube でイメージビデオを観る

オープンなクリエイティビティを組み合わせて、
作る楽しさをみんなの手に

地図をレーザーカッターで焼き付けるだけではない、オープンなプロセスと技術を使って製造/再現可能なプロダクトを提案しています。


OpenStreetMap

オープンストリートマップ (OpenStreetMap) はウィキペディアのように誰でも地図を編集することができ、私たちはそのオープンデータを使って Mable を製作しています。

デジファブ

デジタル ファブリケーションMIT FabLab の思想をリスペクトしています。製作過程をオープンにして、誰でも Mable を作れるようにサポートします。

プロジェクション マッピング

LSPX-P1 という Sony Life Space UX で生まれた超単焦点プロジェクターを使って、実験的なデータビジュアライゼーションやメディアアートを Mable 上で表現しています。

Mable ブログ


私たちの物語を読む